旅好きのみなさんこんにちは。
神社仏閣の好きなみなさん、こんにちは。
akiponです。

国内でも海外でも
私はできるだけ時間を取って
地元のお寺や神社にお参りに行きます。

私たちを旅人として受け入れ
安全な旅をさせてくださることへの
感謝を伝えるためです。
海外の場合は特に
飛行機が着陸する時と離陸する時にも
心の中でその土地の神様にご挨拶します。
これも旅ヂカラUPの心得。
※ちなみに日本語です



2月に訪れた香港では
九龍の油麻地という地区のホテルに宿泊しました。
地図を見ると、徒歩圏内に廟があったので
到着した日の夕方、行ってみました。

天后廟(ティンハウミュウ)
NIK_0136
ここは夜、さまざまな屋台が立ち並ぶエリアです。
開店準備が始まっていました。

ガジュマルの木が茂る広場に廟があります。
NIK_0138
ガジュマルは、沖縄や中国を始め
世界中のあちこちで「聖木」とされる木だそうですね。
「中国人ガジュマル大好きですね~」と
パンダバスのガイドさんが言ってました

日本語の説明もある。
NIK_0140
天后(ティンハウ)というのは海の女神で
航海の安全を始め
あらゆる願いを聞いてくださる神様だそうです。
こんぴらさんと同じだ
その女神をお祀りしている「天后廟」は
香港の至る所にあるらしく
こちらは九龍の男人街の近くです。

しかし、拝観は午後5時まででした。
入り口で閉門時間となってしまったので
この日はひきあげて
翌々日(帰国日)の朝、再訪したところ…
NIK_0563

奥に何やら不思議な光が!
NIK_0566

中に入ると
らせん形の特大線香がたくさん吊り下げられ
小さな中庭から朝の光が差し込んで
幻想的な光と影を創り出していました。
NIK_0600

NIK_0570

NIK_0585

煙は中庭から外に出ていきます。
NIK_0583

中央に海の神ティンハウ
両側と周囲には地元の神様が祀られています。
NIK_0571
入り口にあった説明によると
この辺りはもともと浅瀬の海だったようです。
大規模開発によって今の街の姿になり
この廟も移転・改装されたみたい。

スパイラルの円錐型線香の内側には
名前や住所を書いた
短冊のような札が付いています。
願いを込めて書かれたのでしょうね。
NIK_0594
この線香は8日ほどで燃え尽きるそうです。
数人の方がずっとメンテナンスされていました。

NIK_0590

心奪われる空間です。
NIK_0580

両隣にも、土地の神様や観音様がいて
地元の方がお参りに来ていました。
邪魔をしないように
静かにお参りさせていただきました。
NIK_0613

行かれる方に念のため。
光は美しいのですが
教会のようなステンドグラスではありません
線香です。
全身しっかりいぶされて
スモーク臭が付きますのでご承知おきを


天后廟(油麻地)
 http://www.discoverhongkong.com/jp/see-do/culture-heritage/chinese-temples/tin-hau-temple-at-yau-ma-tei.jsp


インスタグラムやってます。
アカウントをお持ちでなくても
ヨンデとルドルフのアルバムをご覧いただけますので 
↓ポチッとしてみてね
Instagram
yondeclaus88



今日もお読みくださりありがとうございます!     
ブログランキングに参加しています 

にほんブログ村


人気ブログランキングへ 


にほんブログ村