旅好きのみなさんこんにちは。
四国のakiponです。

6月末のスコットランドで
世界遺産でもある
エディンバラ城に行ってきました。
edinborghcastle1
要塞の役目を担っていたお城だそうです。

エディンバラのウェイブリー駅から出て
地図を見つつ
たくさんの人の流れにのって
岩山の上にあるお城を目指して歩きました。

長い上り坂を歩いて、入口。
edicastle2
このあとに切符売り場があります。
クレジットカードもOK。
入ってすぐのブースで
オーディオ音声ガイドを借りられます。
日本語もあるようですよ。

入ってからも坂道が続く。
岩肌に石造りの壁と建物
そして石畳。
edicas3
これから行かれる方、
ぜひ歩き慣れた靴でね!

日本は木の文化だと思いますが
こちらは石の文化だと実感しました。
edicastenbou
5つぐらい屋根が並んでるのは
カフェです。
近くにギフトショップも
ウィスキーショップもありましたよ。

AKI_0266

広場(ハーフムーン砲台)で
お客さんを巻き込んで劇をしていました。
茶色の昔風の服を着た男性が
何やらムズカシイ英語で話している模様。

edicasgeki
「何とかでござる」
みたいな感じですかね、きっと。
青い方はお客さんです。
盛り上がってました。

城内はかなり広いですぞ。
迷子になどなりませぬよう。
edicaskanban
入場券売り場で
日本語マップがもらえるで候。
誠にありがたいことでござる。



大砲がたくさんありました。
edicastaiho
今は使われてなくて幸い。

井戸のあと。
edicasido
お城で使う水の大半が
この井戸で賄われていたそうです。

地下牢。
edicasrogoku
今は誰も入ってないよ!

行列ができているところもあり。
edicasgyouretsu

写真とは別の列に並んで
「クラウン・ルーム」に入りました。
edicaskanmuri
ここにあるのは
スコットランド王室の王冠と
剣・笏(王様の杖)
それに「運命の石」

「王冠まで20分」と表示されていました。
狭い通路で結構ぎゅうぎゅう詰めです。
列に加わるとUターンは難しいかも。

その昔
新しい王様が王位につく儀式の時に
神聖な石の椅子に座ったそうです。
edicasousama

edicasisu
その椅子「運命の石」と
美しく重厚な王冠
それに大きな剣がずっしりと
ガラスケースの中に置かれていました。
そこは撮影禁止。



狭い通路を経て、別棟の
大広間(グレート・ホール)に行くと
甲冑や剣や槍がたくさん。
edicashiroma

シャンデリアも天井も壁もすごい。
AKI_0311

眼下にはエディンバラの街。
edicasmado

このポストに投函すると
特別な消印が押されるんでしょうかね…
edicaspost

絵本で見るようなお城。
edicasazami
アザミは
スコットランドの国の花だそうです。

今も、エディンバラの街を
見守っているようなお城でした。


インスタグラムやってます。
アカウントをお持ちでなくても
ヨンデとルドルフのアルバムをご覧いただけますので 
↓ポチッとしてみてね
Instagram
yondeclaus88



今日もお読みくださりありがとうございます!     
ブログランキングに参加しています 

にほんブログ村


人気ブログランキングへ 


にほんブログ村