旅好きのみなさんこんにちは。
四国のakiponです。

6月末のスコットランドの続きです。



エディンバラの郊外に
世界最大級の鉄道橋があります。

イギリスに行く前の週に
あるテレビ番組で
イギリスの鉄道特集をしていまして
この橋のことを知りました。
そこで
橋を一望できるという場所を
訪ねてみることにしました。

出発はエディンバラ駅。
edinbarast

大きな駅です。
駅の中に車が入ってきます。
横断歩道まである。
edistation (4)

改札付近には
「セキュリティ」という上着の方が何人もいて
案内や誘導をしていました。
edistation (3)

橋の手前の「ダルメニー」まで
当日券を往復で購入。
(Dalmeny:似たつづりの駅が他にあるので注意)
forthbrticket
チケットマシンの画面が普通のプリンタみたいで
なんとなく安心

エディンバラから15分くらいで
ダルメニーに到着。
forthbrdalmenyst1
小さな駅です。
急行列車は止まらないので要注意。
週末は便数が少ないようなのでそれもご注意を。

赤い橋が見える!
forthbr3

駅はほぼ無人でした。
AKI_0556

駅の下の建物には
「デリ」という看板がありましたが
閉まっていました。
ずいぶん静かです。
forthbrdalmeny2

フォース橋は2015年に
世界文化遺産に登録されています。
駅に行けば目立つ標識でもあるだろうと
ろくに下調べもせず向かいましたが、甘かった。
forthbrkanban
駅前の地図を写真に撮っておいて
それを頼りに歩きました。

周辺は閑静な住宅地です。
AKI_0554
ちょうど向かいから歩いてきたご夫婦に教えてもらい
遊歩道を通って海沿いに出ました。

エディンバラの北のフォース湾です。
AKI_0496
駅から徒歩15分くらいでしたが
もっと分かりやすい道が他にあるかも。

でっかい!
フォース鉄道橋
forthtrain
右の方に列車がいるのが見えますか?
巨大な鋼鉄の橋です。

全長2.5キロ
土台から一番高い所まで約100メートル
線路は満潮時の水面から46メートル上を走っているとのこと。

1890年(明治22年)に開通。
建設には日本人技術者も携わっており
橋や建設の業界では
非常に有名な構造物らしいです。

この橋の建設が始まった頃に
別の大きな橋が嵐で崩壊し
通過中の列車が川に転落
多数の犠牲者を出したそうです。
その大惨事を教訓に計画が見直され
この頑強な橋が建設されたんですって。
AKI_0500

細長い入り江になっていて
堤防には、橋と町と地形の説明あり。
海辺の野鳥がたくさんいるみたい。
forthkanban
アザラシも来るみたい。

土曜日のこの日は
車が何台か止まっていて
写真を撮っている人が数人いただけ。
静かにゆっくり、橋と景色を眺められました。
AKI_0524
この波、
荒天の時はすごいんだろうなあ…

左側に見えるのは自動車用のつり橋です。
forthbrdouble
こちらもきれい。
自動車の方はフォース・ロードブリッジ
鉄道の方はフォース・レイルブリッジと
区別されています。

恐竜の背中にも例えられる
フォース鉄道橋でした。
forthbrigde
エディンバラからのバスツアーや
船で橋を見るツアーもあるようですよ!


the Forth Bridge
http://www.forth-bridges.co.uk/visiting.html



インスタグラムやってます。
アカウントをお持ちでなくても
ヨンデとルドルフのアルバムをご覧いただけますので 
↓ポチッとしてみてね
Instagram
yondeclaus88



今日もお読みくださりありがとうございます!     
ブログランキングに参加しています 

にほんブログ村


人気ブログランキングへ 


にほんブログ村