旅好きのみなさんこんにちは。
四国のakiponです。

おひとり海外では
食事に困ることがありますよね。
できるだけローカルな食事を楽しみたいけれど
お店に入りにくかったり
メニューが読めなかったり
注文と会計のシステムが分からなかったり
おひとりさまお断りのお店もあると聞きます。

しかし、香港の繁華街には
女性1人でも
広東語が分からなくても
大丈夫なお店がたくさんありました。



九龍側の中心部
尖沙咀(チムサーチョイ)の賑やかなエリアには
どの通りにも飲食店がたくさんあって
カジュアルなお店なら
大抵は外から店内が見えるので
お店の雰囲気が分かります。
そして、メニューが入り口に出ていたり
道路から見えるように貼られていたり
かなりの割合で広東語と英語が併記され
写真も載っています。

私がまず入ったのは
宿泊したホテル Innsightの
2軒ほど隣の麺屋さんです。
DSC_3566
店名が読めませんが
英語ではMak's Noodle
ダイビングショップの隣です。

テーブルのメニューはこちら。
漢字でイメージ、英語で確認。
DSC_3564

ワンタン麺。
_20180129_233359
あっさり麺でした。

その後、別の通りを歩いて
パブに入ってみました。
DSC_3647
The Ashley Road
軽い食事もできるパブです。

香港には
クラフトビールがたくさんあるそうですね!
頼んだのは "Rebel IPA"
めちゃくちゃおいしかった
DSC_3569
また飲みに行きたい。

1杯だけ飲んで
ホテルのすぐ近くのお店にちょっと寄る。
DSC_3576
お店の名前は読めませんが

お持ち帰り専門のお店で
昼も夜もすごい人だかりでした。
買った物を
その場で立ち食いしている人もいたくらい。
DSC_3578
そんなに人気があるのなら、レッツトライ。
現金先払いのお店です。
写真左のお皿に入ったメニュー
「小碗/スモールボウル」を買ってみました。

ホテルに戻って二次会。
「小碗」は、煮込んだすり身団子でした。
おでんみたい。
結構クセのある味でビールが進む。
DSC_3580
ビールは近くのコンビニで買ったもの。
青島のピュアドラフトという
始めてみる缶を試してみました。
軽くて飲みやすかったです。
香港には大手ビールメーカーは無くて
お店でよく見たのは
中国の青島とフィリピンのサンミゲル
シンガポール×オランダのタイガーなどでした。



翌日は電車で深水坊のお寺に行き
ショッピングモールでランチ休憩。
DSC_3603
西九龍中心(ドラゴンセンター)です。
トイレも借りられます。

カジュアルなレストランが
各フロアにありました。
どこも入りやすそうでしたが
餃子と麺のお店に決めて
パクチーたっぷりの牛肉麺。
DSC_3605
見た目にビビりましたけど
お味はそれほど濃くなくて
お肉が柔らかくておいしかったです。

それから尖沙咀に戻って
夜はたまたま見つけた麺屋さん。
DSC_3650

ワンタン麺。
DSC_3649
香港ヌードル、ほんとにおいしい♪

そのあと
ガイドブックに載っていた
クラフトビール専門パブに行ってみましたが
欧米人のお客さんで満席。
なかなか空きそうになかったので
その近くの別のパブに入りました。
DSC_3656

カウンターで飲む青島ビール。
DSC_3651

そして、帰りのコンビニで
目に留まったドリンクを買ってみた。
_20180131_002223
マンゴリンゴ 
ジャケ買いです。
マンゴー風味のビールでした。
プシュっと開けた瞬間に強烈な甘い香りがして
一瞬ひるみましたが
おいしかったです。
また買うかも。

香港っておいしいものだらけ。
行列のできている飲茶店もありましたが
フラッと入れるカジュアル食堂もいっぱい。
おひとりでも大丈夫です!
でも、広東語が分かると選択肢が広がるね。
今度こそ勉強しようと思ったのでした。



インスタグラムやってます。
アカウントをお持ちでなくても
ヨンデとルドルフのアルバムをご覧いただけますので 
↓ポチッとしてみてね
Instagram
yondeclaus88



今日もお読みくださりありがとうございます!     
ブログランキングに参加しています 

にほんブログ村


人気ブログランキングへ 


にほんブログ村