旅好きのみなさんこんにちは。
四国のakiponです。

4月のチェコの続きです。
ええ、まだ終わってなかったんです
いよいよ最終章に入ります。

ピルゼンから首都プラハに戻り
仕事のため先に帰国するオットを
空港で見送りました。
ここからは大人の女ひとり旅です。

出発前に、チェコを知る方から
時間があればぜひ行ってごらんと
ある街をおすすめされていました。
街全体が世界遺産という
チェスキー・クルムロフです。
DSC_4799

プラハから直通の列車は無く
乗り換えはかなり不便そうでした。
あとは、長距離バス。
私は乗り物酔いしやすいため
極力バスは避けているのですが
調べてみると大きくてゆったりした車らしいので
思い切ってネットで予約。
万が一のために
飛行機のエチケット袋を持参しました
(どんだけオコサマなのか

予約したのはレギオジェット(Regio Jet)
 https://www.regiojet.com/
以前のスチューデント・エージェンシーから
名称が変更になっています。



空港からプラハ本駅に戻り
地下鉄でバスターミナルに向かいました。
プラハ発の長距離バスの大半は
本駅から一駅のフローレンスから出るのですが
チェスキー行きのバスだけが
川を挟んで遠く離れた
ナ・クニゼツィ(Na Knizeci)というターミナルを発着します。

フローレンス駅でBラインに乗り替えて
アンデル(Andel)という駅を目指します。
電車を降りたら「バス」というサインを探して
エスカレーターで地上階へ。
BlogPaint
実は最初、電車を降りた人の流れについて
そのままエレベーターに乗ったところ
商店街の真ん中に出てしまい
地下に戻って出直しました。
私、まあまあ方向音痴です。

エスカレーターで地上に上がると
目の前がナ・クニゼツィ・バスターミナルでした。
あの黄色いバスです!
busstop

ここはローカルバスのターミナルのようです。
チェスキー行きは1番のりば。
AKI_0607

バス会社の黄色い看板を探すといいですよ。
BlogPaint

巨大ミツバチハッチみたいなバス
トラム乗り場がすぐ前にありますね。
busstop2
荷物を預けて指定の席に座りました。

シートはかなりゆったりしていて
Wi-fiが使え、小さいトイレもあります。
バスというより飛行機みたい。
ガイドさんが温かい飲み物を持ってきてくれます。
ホットチョコレート
cocoa
冷たい飲み物は有料。

更に、各シートにモニターがあって
映画やテレビの視聴それにゲームもできる。
video
オズの魔法使い↑

予想したよりはるかに快適です!
AKI_0614

そして車窓から見える牧歌的な風景に
ココロ癒されます。
ちょうど菜の花が満開でした。
view

AKI_0631

3時間弱でチェスキー・クルムロフに到着。
チェスキーにはバス停が2ヵ所あって
私は街の手前のスピチェク(Spicak)で降りました。
バス酔いしませんでしたヨカッタ
AKI_0990
しかし、降りたところには
地図も案内表示もなく
掲示されているのはたくさんの時刻表のみ。
一緒に降りた観光客はみんなウロウロ。

私もしばらくウロウロして
かなり無駄に歩きましたが
後で、バス停の端っこの表示を見つけました。
cheskbus
矢印に沿って進んで
右側に見える高架の歩道を渡れば
チェスキーの中心部に向かえるはず。

上がってみると
街の入り口の門がありました。
cheskbus2

あの門をくぐれば世界遺産の街
そして
「世界で一番美しい街」
チェスキー・クルムロフです。



今日も読んでくださってありがとうございます



インスタグラムやってます。
アカウントをお持ちでなくても
ヨンデとルドルフのアルバムをご覧いただけますので 
↓ポチッとしてみてね
Instagram
yondeclaus88
  
ブログランキングに参加しています 

にほんブログ村


人気ブログランキングへ 


にほんブログ村