旅好きのみなさんこんにちは。
四国のakiponです。

四国の南東部の先っぽ、
高知県室戸岬。
murotomisaki
背伸びをしたらオーストラリアが見える。
かも。



室戸岬の先端から徳島寄りに
車で10分ほどのところにある
むろと廃校水族館に行ってきました。
gakko
2018年4月にオープン。
前身は、2006年に廃校した
室戸市立椎名小学校です。


始業時間は9時
下校時間は17時、夏は18時。
校内放送もあるのかな。
BlogPaint

チケットを買って振り返ると
ぶりくじ
burikuji
ぶり欲しい!



チケットを買って階段を上がります。
壁にお習字の作品が掲示されてました。
イカスミで書いたんだって!
BlogPaint

2階はお魚の展示コーナー。
上がってみると
小学校の教室や廊下がそのまんまで
跳び箱も水槽になってます。
tobibako
跳び箱なつかしいね。

机もいすもそのまんまの教室です。
大人のグループが
座って静かにお話してました。
即席でぷち同窓会ができるね。
タイムトリップするかも。
kyoushitsu
先生が来る前にプリント写させて!



廊下の手洗いシンクには白い砂が敷かれて
イセエビや貝がいる。
別のシンクには金魚がいました。
時にはナマコもいるそうです。
ebi

大きな水槽タンクには
海のお魚がいっぱい。
suiso

エイ君。
ei

水槽に水滴がついていたら
飼育員らくらくシステムをご利用ください
rakuraku
他にも水槽が並んでいて
ウツボやサメなど
室戸の海の生き物がいっぱいいました。

もとはウミガメの調査から始まったんだって。
kokuban
ここの魚たちは
地元の港で水揚げされたものだそうです。
飼育員さんたちが港に通って運んでいるとか。



3階に上がると
さまざまな標本や資料が並んでいます。
図書室にはミンククジラの骨格標本。
toshoshitsu

理科室にも標本がいっぱい。
BlogPaint

準備室。
junbi

そして外に出ると
屋外の25mプールもそのまま活用。
ウミガメやサメたちが泳いでます。
pool

エイガカクレテイル
ei2

青いのはサバ、赤いのはアジです。
サバもアジもこんな風に見たことない。
生きて泳ぐ姿はきれいですねぇ。
saba
なつかしい昭和の香りがいっぱい。
とってもユニークな水族館です。



アクセスは… 良いとはいえない
 まずは車をおすすめします!
空港などでレンタカーを借りるのがいいですよ。
バイクに乗る方には
室戸岬は多分おなじみのコースですね。
ただし、ガソリンスタンドやコンビニが
ずーーーっとない区間もあるのでご注意を。

公共の乗り物の場合は…

大阪から高速バスがあります!
なんば発室戸行きの徳島バスで
「椎名」というバス停が最寄りです。
学校を右手に見ながら一旦通り過ぎて
椎名で降りたら、来た道を戻ります。
徒歩5~10分くらい。
【徳島バスのホームページ】

高知龍馬空港からだと
安芸または奈半利まで来て
下記の路線バスに乗り換えです。

路線バスは
だいたい2~2.5時間に1本のペースです。
最新の時刻表を必ず確認してくださいね。
安芸⇔甲浦線の
「廃校水族館前」が最寄りです。
【高知東部交通のホームページ】

タクシーは
電話をして来てもらう必要があります。
水族館からお宿までの移動は
宿に送迎を依頼するか
タクシーを呼ぶかになると思います。

鉄分の強い方は
高知方面からだと
ごめんなはり線の「奈半利」まで来て
そこから上記路線バスに乗り換え。
徳島方面からだと
阿佐海岸鉄道阿佐東線の「甲浦」まで来て
そこから上記路線バスに乗り換え。

車をおすすめします…



四国は異国。
その中でも室戸岬一帯は
お遍路さんにとって厳しいエリアのひとつで
国道沿いでも
木陰も自販機もなかったりします。
michi
でも、豪快な海と空と水平線に
きっとココロが洗われますよ!

都会のみなさま、リゾート気分で
ぜひ室戸にいらっしゃいませ~


飼育員さんたちのツイッターが楽しい
 むろと廃校水族館

旅の情報はぜひこちらから
 室戸市観光協会ホームページ

※すべて2019年2月の情報です。
必ず最新の情報を確認してくださいね!


うどん県香川にも
廃校を活用したすごい博物館があるよ!
世界にひとつ! 天体望遠鏡博物館 in TAWA


今日も読んでくださってありがとうございます。
よい一日を



yinstagramiconondeclaus88
インスタグラムも見てね!


ブログランキングに参加しています 

にほんブログ村


人気ブログランキングへ 


にほんブログ村