旅好きのみなさんこんにちは。
四国のakiponです。

3月のスリランカ
愛と感謝と笑いの旅の続きです。

紅茶工場に続いて
僧侶のバナガラさんが連れて行ってくれたのは
ムーンストーンの採掘場です。
同じく、予定外の突撃訪問。

スリランカは宝石の国でもあります。
良質のサファイアやルビーが採れることで有名ですが
ムーンストーンも採れるんですってね。
パワーストーンとしても人気がある石です。
その名前の通り
月のエネルギーを受ける石で
満月の時に最も輝いて力が強まる
なんて話も聞いたことがあります。



バスを降りて
係の人について山の斜面を上がっていくと
屋根付きの井戸みたいなところがありました。
moon3

石炭坑ならぬ月石坑の入り口です。
これと同じような光景を
テレビで見たことがある~
moon9
かなり深そうです。
採掘はとてもハードな労働で
危険を伴う仕事だと聞きました。
時には命懸けでもあると思います。

穴をのぞき込んでいると
おじさんが手を振りながら下りて行きました。
moon2

穴を離れて次の見学ポイントに移動。
係の方に付いて歩きます。
細い道の両側には
大きなシナモンの木がたくさんありました。
シナモンもスリランカの特産品のひとつ。
こちらでもパウダーとスティック
それにオイルを販売してました。
moon6

シナモン畑の間に砂を洗う池があって
おじさんが作業しています…
と思ったら
さっき井戸に下りて行ったおじさんではないか
moon4
井戸から上がったバケツの砂利を
ここで何度も水洗いして
石だけを残すんですね。

ムーンストーンの原石です。
moon5
こちらでは、ブルームーンストーンと
レインボームーンストーンが取れるという話でした。


斜面を下りて戻り
今度は石を加工をする作業場へ。
moon7

この方は石を研磨しています。
目の細かいやすりが回ってます。
こうして削ったり磨いたりするんですねえ。
moon8

こちらの方は
磨いた石をオーバル形に整えているところ。
黙々と作業していました。
moon1

そして作業場の隣にはショップがありました。
大小さまざまなルース(石だけ)や
ジュエリーに加工したものがいろいろある。

さすが産地ビックリするほど安い
これはまとめ買いぜよ
…というほどではない気がしましたけど
石との出会いもご縁のひとつ。
私はウミガメを一匹買いました
ちょっとヤングなデザインですが
夏のカジュアル仕様にいかがでしょう
頭と4本の足が動くんですよ。
moonkame
この翌日がちょうど満月だったので
春分の日の満月の光を
故郷のスリランカで、
そして1ヶ月後の満月の光を
新居である日本のわが家で
たっぷりと浴びてもらいました。
パワー満タンの月の石です

光輝く島で手にした地球のカケラを
大切にしようと思います

つづく。

※写真はすべて撮影の許可を得たものです。
無断転載はご遠慮ください。


今日も読んでくださってありがとうございます。
よい一日を



yinstagramiconondeclaus88
インスタグラムも見てね!


ブログランキングに参加しています 

にほんブログ村


人気ブログランキングへ 


にほんブログ村