旅好きのみなさん、こんにちは。
四国のakiponです。



四国の鉄旅の続きです。
四国まんなか千年ものがたり
「そらの郷紀行」に乗っております。
sen2_title

琴平駅のラウンジで金運アップしたら
再び列車に乗って、おビールタイム
sen1
「ものがたり」のオリジナルラベルは
阿波麦酒のペールエール。
讃岐ビールのケルシュもありました。

本格的にお料理のサービスが始まります。
ことひらにあるレストラン「神椿」の洋風料理
sen2-3
お食事は予約制ですが
この日は皆さん召し上がっていた模様。
車内でオーダーする単品メニューもあるみたい。

お席を外す時には
このカバーを上に乗せてどうぞ。
空海さんの生家・善通寺の管長さんのお手書き。
sen2-4

小さな花瓶や苔玉が
さりげなく置かれていてかわいい。
sen2-12

列車はどんどん山の中に入って
秘境駅として有名な坪尻駅に到着。
車では行けない無人駅です。
行き違いの特急を待つため
その間に皆さん下車して撮影大会です。
sen2-7

今止まっている線路は
この駅に入るためだけの線路です。
特急は右側の線路を一気に走り抜けるのですが
この駅は急な登り坂にあって
一旦止まると発進が難しくなるため
スイッチバック方式といって
一旦バックして
勢いをつけてから走行線路に戻るという
特殊な走り方をします。
その様子が車内のモニターで見られます。
sen2-6

特急が通ったら出発します。
バックする途中、左下に滝つぼがありました。
通常の走行路からは見えない景色です。
sen2-5

乗車証もらった
sen2-16
この日から始まったサービスなんだって。
スタンプのお顔はこの列車の車掌さんだ

車掌さん、ナイススマイルをありがとう
sen2-8b
〈パンダは飛翔の術を覚えた!〉

そして地酒の飲み比べセット。
徳島と香川の6種類から選べます。
sen2-20

おもてなし隊のかかしの皆さん。
sen2-9

吉野川に沿って走ったり、渡ったり。
sen2-13

阿波池田駅では
「たばこ踊り」で歓迎してくれました。
sen2-14

車内に戻って、温かいお料理。
レストラン神椿(資生堂パーラー)のビーフカレーです。
sen2-2
立ったり座ったり写真を撮ったり
食べたり飲んだりで、なかなか忙しい

大歩危峡
sen2-11

小歩危峡
sen2-10
3日前の大雨のため水は濁り気味。

このエリアは妖怪の郷です。
こなき爺が住んでるらしいですよ。
そして川の向こうからは
カッパが手を振ってくれている!
sen2-15

出発から2時間半で大歩危駅に到着。
列車を降りるなり
ぶぉ~っというほら貝の音が聞こえました。
地元の「ほら吹き隊」の皆さんです。
sen2-18

わー写真撮らせて~と近づきかけたところへ
アンパンマンオレンジ号がスーッと入ってきた
ここでの乗り継ぎ時間は5分なのでした。
sen2-17
四国まんなか千年ものがたりと
高知行きの特急南風のツーショット。
電柱の「おおぼけ」という駅名、見える???
アンパンマンの車掌さんの笛がピ~~~っ!!
発車しまーす!と呼ばれたので走って乗車

楽しかった! 千年ものがたり
たくさんのおもてなしを受けました。
たくさんの感謝と共に
次はアンパンマンオレンジで高知に向かいます。

いまココ。
JRshikoku_map_Day1-2

すてきな一日をお過ごしください

今日も読んでくださってありがとうございます。



yinstagramiconondeclaus88
インスタグラムも見てね!


ブログランキングに参加しています 

にほんブログ村


人気ブログランキングへ 


にほんブログ村