旅好きのみなさんこんにちは。

フィンエアーファンおよび
マリメッコとイッタラの大好きなみなさん
こんにちは。



先日
フィンエアーのビジネスクラスに初搭乗しました。
マリメッコが満載というウワサのあのお席。

関西→ヘルシンキ→ロンドンの往復です。
BlogPaint
写真のチケットは片道×2人分。
デザインがいろいろあって素敵です。

搭乗ロビーのそばを通りかかった時
ちょうどフィンエアー機が
ヘルシンキから到着しました。
おつかれさま。

機長さんもCAの皆さんもお疲れ様でした。
この飛行機に乗ります。
IMG_0209

私たちのごはんが積み込まれる
IMG_0226
たくさんの人の力が
見えないところで加わっているんですね。
こういう光景をみるたびに感動します。


乗るまでに少し時間があったので
飛鳥ラウンジでひと休みさせていただきました。
DSC_6057
トマトジュースごちそうさまでした。



飛行機に入ってお席に着くとすぐに
ウェルカムドリンクをいただきました。
シャンパンまたはグレープジュース。
DSC_6071
こちら↑は泡のある方でございます
グラスはイッタラの
「ウルティマツーレ」というシリーズ。

「最北の地」という意味だそうですが
このシャンパングラスはもともと
フィンエアーのために生まれたものなんですって。

フィンエアーの機内販売でも購入可能で
行きに注文し、帰りに受け取るシステムです。


そして
枕、ブランケット、アメニティは全て
マリメッコのフィンエアー仕様です。
うれしいうれしいうれしい
もうシッポ振りすぎてちぎれそうです
IMG_0230
ポーチには
クラランスの保湿クリームが入っていましたヨ。
ちっちゃいプラケースの中身は耳栓です。


marimekko for FINNAIR
DSC_6069


テーブルクロスもナプキンもお皿も
マリメッコ for フィンエアー。
ひとつひとつにいちいち反応してしまいます。
DSC_6120


スープカップもナプキンリングも!
DSC01683
このカップとナプキンの丸は
「キヴェット」というデザイン。
「石」という意味だそうです。
ブランケットとスリッパもこの柄。
こちらのカップは、機内販売または
フィンエアーのサイトで購入可能です。
https://www.finnairshop.com/en/


コーヒーカップも
DSC_6751

このカップ↑のしましまデザインは
「シルッキクイッカ」
カンムリカイツブリという水鳥のモチーフだそうです。

img067
日本でも主に冬、湖などで見られる鳥ですよ。


陶器は
(マリメッコ+イッタラ)× フィンエアーみたい!
DSC_6116
…と思ったけど違うようですね。
イッタラのロゴまで入っていたら
卒倒するところでした。



マリメッコから目を移すと
各シートには小さなライトが付いています。
頭上にも普通の読書灯があります。
DSC_6094
コンセントの横には
USBとLANケーブル用みたいな差し込み口アリ。

ヘッドフォンは軽くて耳が痛くならない。
音声もクリアでした。
DSC_6103

足元に荷物を置けるスペースがあり
私が床に座り込んでゴソゴソしても
余裕のある広さでした。
頭上にも各席ごとに荷物を置けます。
 
DSC_6132

ところで今回、私たちは
関西からヘルシンキまでの往路を
フィンエアーからのご案内により
料金追加にて昇格
ヘルシンキからの復路のアップグレードは
入札(追加料金を指定)で購入しました。

フィンエアーやニュージーランド航空など
複数の航空会社では
座席のアップグレードに
入札制度を取り入れているそうです。
エコノミークラスのチケットをお持ちのみなさん
ホームページをチェックしてみてはいかがでしょう?

フィンエアーの場合は
トップページの中ほどに
「座席クラスのアップグレード」という
ボタンがあるので覗いてみて。
名前と予約番号を入れると
アップグレードの可能性を見ることができます。

空席アリが条件ですが
うまくいけば
「え!? 」というお得プライスで
マリメッコまみれになれますよ。
(手続きは英文だけどがんばろう



長くなったので続きは次回!
DSC01712


          

今日もお読みくださりありがとうございます!     
ブログランキングに参加しています 


人気ブログランキングへ 


にほんブログ村